イメージ画像

☆血糖値測定器の検査紙の価格

 

血糖値測定器は糖尿病予防に活用をされています。 食生活が洋食化した日本では、糖尿病になるリスクも年々高まっています。

血糖値測定器の需要もますます高まっているのですが、購入をする前に気をつけなくてはいけないことがあります。

血糖値測定器は、その本体だけで血糖値を測定をすることはできません。

測定をするためには、専用の検査紙や針が必要なのです。 針は安いのですが検査紙の値段は高く、この検査紙をどこで買い続けるのかというのが重要なポイントとなります。 国内製の場合、検査紙の値段は定価販売となります。

その値段は100枚につき大体12000円~15000円程度です。 国内製検査紙は医療機器免許を持っていないと販売することができないので、それを売っている薬局を見つけることすら困難です。 そのため、血糖値測定器の検査紙は輸入品であるアメリカなど海外製を使用することをおすすめします。

海外製の検査紙の場合は値引きがされているので、国内製よりもかなりコストを抑えることが可能です。 アメリカ製の検査紙の値段は、100枚につき8000円~10000円といった所です。

検査紙を200枚300枚と買い続ける内に、国内製とアメリカ製ではコストの差がどんどんと広がっていきます。

そのため国内製の検査紙を購入しようと考えている方は、注意が必要です。 どうしても国内製じゃなければいけない理由がなければ、海外製の検査紙を選びましょう。

☆検査紙の購入方法

血糖値測定器の検査紙の購入方法についてご説明をします。 まずは国内製の検査紙について。 国内製の検査紙は、薬局にはほとんど置いてありません。 前述しましたが、医療機器免許を持っている店でないと販売をすることができないのです。

インターネットで探しても、国内製の検査紙を販売している店はほぼ見つかりません。 病院で購入をすることはできますが、保険適用外なので定価購入となります。 国内製の検査紙を購入するメリットは、はっきり言ってほとんど無いと言っていいと思います。

それに比べると、アメリカなど海外製の検査紙はどうでしょうか? 海外製の検査紙の購入は、アメリカや韓国から個人輸入代行を行っている店ですることができます。 個人輸入代行を行っている店は、そうそう街にあるものではないと思います。

しかし、心配は無用です。 海外製の検査紙を販売している個人輸入代行店は、パソコンを使うとインターネットですぐ見つけることができます。 もちろん通販で買い求めることが可能です。 わざわざ売っているお店を探しまわる必要はありません。

インターネット通販には、注文をするだけで宅配業者が自宅に配送をしてくれるという大きなメリットがあります。 まとめ買いをしても持ち運ぶ必要がありませんから、楽々ですね。 注文さえ済ませれば、あとは業者にお任せです。

その上、海外製の検査紙ですから値引きもされています。 国内製の検査紙と比べると格安です。 自宅に居ながらにして、格安の検査紙を入手することができる。 やはり、血糖値測定器の検査紙は国内製よりも海外製の方にメリットがあると思います。

☆まだまだ知られていない

血糖値測定器の検査紙は、海外製の方が安い。 しかし、特にご年配の方の多くはこのことを知らずに国内製の検査紙を定価購入をしています。 それも無理はありません。

パソコンがいかに普及をしたとはいっても、インターネットを利用しているご年配の方の人数はまだまだ少ないからです。 ましてやインターネット通販なんて、やった事も無いという人は多いでしょう。

街の薬局など、ご年配の方でも気軽に立ち寄れる場所にも海外製の検査紙が置いてあればいいのですが残念ながらほとんど見かけません。 安い海外製の検査紙を入手するためには、インターネット通販を利用する必要性が高いのです。

インターネットを利用しない層に馴染みがないことが、海外製の検査紙のデメリットといえばそうなのかもしれませんね。 しかしそれでも、国内製の検査紙よりもコストが格段に低くおすすめなのは変わりはありません。

海外製の検査紙の存在を、できるだけ多くの方に知っていただきたいと願います。

☆まとめ

血糖値測定器を購入する際には、検査紙の価格が重要だということはおわかりをしていただけたかと思います。 血糖値測定器を購入した多くの方は測定器を何百回と利用をしていくと思います。

しかし安い検査紙と高い検査紙では、100枚200枚と買い続けていくほどコストに差がつきます。 そのため検査紙の価格が高いと、安いものと比べてどんどん損をしていきます。

検査紙の価格に比べると、血糖値測定器本体の価格は大きな問題ではないのかもしれません。 血糖値測定器を購入する際には、使用する検査紙の価格を事前によくチェックをしておきましょう。

そして、値段が安いのはやはり国内製よりもアメリカなど海外製の検査紙なのです。

このページの先頭へ